2007年05月22日

サイクロン掃除機とは

サイクロン掃除機とは、サイクロン方式を採用している掃除機のことです。
サイクロン方式の他に、紙パック方式、排気循環方式、吸水掃除機などあります。

サイクロン方式とは?

紙パックを使わず、本体内のダストカップの中で竜巻状の風を起こし、遠心力によってゴミと空気を分離する。2000年にシャープから発売された。紙パックを必要としないので経済的で、ゴミが溜まってきても吸引力が落ちにくいが、フィルターの掃除が必要で、集塵容量が少ない。現在の製品の主流になりつつあるが、紙パック方式のメリットもあり、サイクロン方式と紙パック方式が共存している状態である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by dk at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | サイクロン掃除機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

ダイソンって?

ダイソン掃除機を製造しているダイソンについて、ちょっと調べてみました♪

ちゃんとウィキペディアにも登録されていましたよ。

ダイソン(Dyson)はサイクロン式掃除機を初めて開発・製造した会社。創業者のジェームズ・ダイソンは、紙パック式掃除機が、紙パックが満杯になっていなくても交換しなければならないことに気が付いて、それに替わる方式としてデュアルサイクロン方式を開発した。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ダイソンって、創業者のジェームズ・ダイソンからきていたんですね_〆(。。)メモメモ…

花粉には、ダイソン掃除機のなかでも、アレルギーがイイですね。細かいものまでちゃんと取れます!


posted by dk at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイソン掃除機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

ダイソン掃除機 吸引力の変わらないただひとつの掃除機

吸引力の変わらないただひとつの掃除機として有名な、ダイソン掃除機。

欲しいですけど、高いですよね(^▽^;)

ダイソンDC12plusエントリー
ダイソンDC12plusアレルギー
ダイソンDC12plusアニマルプロ
ダイソンDC12plusコンプリート ← これが一番高いです(^▽^;)

高いけど、使ってみると分かるその性能。

ルートサイクロンテクノロジーが搭載されているダイソン掃除機は、空気とともにホコリが吸い込まれると、ダイソンの特許技術ルートサイクロンテクノロジーで高速回転します。すると、ホコリが遠心力により空気からはじき飛ばされてクリアビンで集めることができます。
目詰まりや故障の原因となる紙パックやフィルターもいらないダイソン掃除機。ダイソン掃除機は、吸い込んでいる空気の流れが妨げられることがないため、目詰まりせず掃除機の吸引力が衰えないんです。その圧倒的な高機能集塵性能でお部屋もすっきり!特にペットやアレルギーを持っているひとには、アレルギーの原因となるダニなどの死骸も吸引することができるので、イイですよ。


posted by dk at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイソン掃除機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。